社会人ノート

仕事や日常生活で学んだこと、そこから考えた想いなどを記録していくブログです

AZのインプット

インプット大全より

 

インプットするときはAZを意識する。

AZとは?

AZとは、「アウトプット前提」とインプット大全では定義している。

アウトプット前提のインプットの例

例 海外出張

海外出張でニューヨークへ視察に行くことになった。

仕事で海外に行けると思い思いっきり遊ぼうと思っていたが、

上司から、「帰ってきたら、全社員100人の前で、1時間の視察報告会をしてください」と言われた。

そうなると、遊んでいる暇はない。

プレゼンに使う資料や写真、関係者へのインタビューなどを集める必要がある。

報告会を前提にするからこそ、圧倒的に細かい部分まで意識的に記憶に残そうとするし、実際記憶として残る。

 

このように、心理的プレッシャがかかり緊張状態になると、脳内物質のノルアドレナリンが分泌される。ノルアドレナリンが分泌されると、集中力が高まり、記憶力思考力判断力が高まる。

AZ(アウトプットを前提)にインプットするだけで、圧倒的に記憶に残りやすくなる。

 

f:id:tomo_BLOG1215:20200330192845j:plain

私自身今後、何かをする際は初めに「自分がなんでこの事を学びたいか」「学んでどうしたいのか」などを決めてからインプットしようと思う。その方が、インプットの質が確実に良いものになる!